処理中です...
  • ホーム
  • 繊細さん(HSP)専門心理カウンセラー kanaさん

繊細さん(HSP)専門心理カウンセラー kana 本人確認済み

繊細さん(HSP)専門心理カウンセラー/心理学を8年勉強し、30人以上の相談実績があります🍀

  • 15分 500円~
  • 総セッション数: -
  • セッションしやすい時間帯: 平日19:30以降、土曜11:00以降
カテゴリ
聞き手話し手教え手学び手相談・壁打ち
セッション方法
Zoom
お話ししやすいタイミング
平日土日祝当日や直前の相談OK
  • 登録日: 2020年10月
  • 最終ログイン: 5日前
  • 平均返信時間: -

自己紹介

はじめまして。
繊細さん(HSP)専門心理カウンセラー kanaと申します✳︎

HSP(Highly Sensitive Person)という、
とても繊細で敏感な気質を持っています。

HSPの気質が強く、
共感力が強いために
人の影響を受けすぎて苦しんできました。

過去の私は
自己肯定感が低く、
自分のことが大嫌いで責めてばかりいました。

"敏感で繊細すぎる生きづらさ"

"相談しても誰にもわかってもらえない苦しみ"
を抱え、悩んでいた時

心理学に出会い、自分の内面に
生きづらさの根本的な原因があることを
知りました。

19歳から心理学に興味を持ち、
8年間勉強してきました。

心を癒していった時に、
HSPである自分に対する自己攻撃がなくなり、
物事の感じ方や捉え方が
劇的に変化した過去があります。

HSPの私が陥った負のスパイラルとして、
以下のような流れがあります。

<HSPの私が陥った負のスパイラル>

①感受性が高いため、
他人の心ない言動に傷つきやすく、
その悲しみが「心の傷」として残る。

②傷つく経験を繰り返すうちに
「もう傷つきたくない」と防衛的になり、
心を閉ざしてしまう。

③人とうまく関われない自分に劣等感を感じ、
他人と比較して自分を責めるようになり
自分のことがどんどん嫌いになる。

④自分のことが嫌いなので、
自分に自信が持てない。
行動するにも勇気が持てず、
自分らしく生きる上で障害となる。

しかし、
HSPの気質を持った
「ありのままの自分」
を受け入れられるようになったことで

自己肯定感を取り戻し、
自分らしく生きる許可がおりるようになりました。

共感力が強く、
相手に寄り添うことが得意なため、
相談を多々受けます。

HSPでお困りのこと、聞きたいことなど
小さなことでも構いませんので、
お気軽にメッセージいただけると嬉しいです😊
年代 20代
性別
女性
ご職業
会社員
働いている業界
IT・Web
500 /回

このページをシェア

予約リクエストが相手に承認されると予約が確定します

こちらのクマさんも見てみませんか?